閉じる

オネスティーハウス

※本頁は、上毛新聞社「週刊すみかくらぶ」に掲載された、当社施工例をホームページ用に再構成しました。文章は掲載内容を使用しています。

建築方法/
木造軸組工法
(テクノストラクチャー工法)
建築面積/
64.37m2
延床面積/
119.99m2
完成日/
2014年8月
地震に強い快適な住まい

 オネスティーハウス石田屋の「プリーマ・エコ」の家に暮らし始めて1ヶ月。「家を建てたことで、生活のリズムが変わり、毎日を快適に過ごしています」と、ご夫妻は満足そうに話す。テクノストラクチャー工法とセルローズファイバー断熱材による安心安全の構造で、収納・動線と優れた間取りも魅力だ。

家族構成

糸井 賢彦[まさひこ]さん(夫)
美恵子さん(妻)

「思い通りの住まいができ、ストレスなく暮らせるのが一番うれしいです」とご夫妻。左は太田店の高橋正行さん。

明るい光が降り注ぐLDK。両面壁掛け時計が雰囲気のある空間を演出。無垢の風合いの床材もお気に入り。

 糸井邸の間取りの特徴は、LDKから和室まで全て南側に配置したこと。「細長い土地を上手く活用するため、玄関を西側に置いたのが良かったです。おかげさまで日当たりのいい開放感あるLDKになりました。パントリーや浴室、2階への動線もスムーズです」と、ご夫妻は笑顔で話す。
 2年ほど前、軽い気持ちで太田展示場に立ち寄ったのが石田屋との出会い。それ以来、家づくりを意識し始め、土地を購入。家族を守る頑丈な家を考えたとき、従来の木造軸組工法の弱点である梁や接合部を強化したパナソニック耐震住宅工法「テクノストラクチャー」なら、「自由設計で後悔しない安心の木の住まいが建てられる」と石田屋に決めたという。信頼のパナソニック製品のトータル採用も魅力だった。

 また強靭な躯体だから実現できる「天井高2.7mの大空間リビングも魅力的でした」と奥さま。身長187cmのご主人も、「実家やアパートでは、よく頭をぶつけ不快な思いをしていましたが、わが家は天井が高く、快適です」と喜んでいる。

カウンターのLED照明は、太田展示場を参考にしたやわらかな光が特徴のスタイリッシュな薄型デザイン。

自然が生んだ調湿する断熱材
セルローズファイバーの効果を実感

家の耐久性と暮らしの快適性は、断熱材で決まる。当初は、「お手入れカンタンで、太陽光発電が搭載できれば」と考えていたご夫妻だが、「営業の高橋(正行)さんから、どの断熱材を選ぶかで家の耐久性や光熱費節約に影響が出てくると聞き、セルローズファイバー断熱材の『プリーマ・エコ』に決めた。長い目で見て、いいものを勧めてくれる石田屋さんの家づくりに共感しました」と振り返る。

 セルローズファイバー断熱材は、新聞古紙からリサイクル生産されるエコロジカルな住宅用断熱材。吸放湿性や結露対策・吸音効果など他の断熱材にはない優れた特長を兼ねそろえている。「高断熱でエアコンの効きが良く、2階に上がった時、もわっとしない。太陽光発電は、パナソニックHIT240α3.6kWを搭載しましたが、発電量が多いので楽しみです」と話す。

LDKと続き部屋の和室はバリ風をイメージし、天井や壁紙をアジアンテイストに。

見た目と住み心地を両立
ストレスゼロの暮らしへ

 LDKは、外国の街で見かけるような両面壁掛け時計やスタイリッシュな薄型LED照明など、設備や家具・小物が目を引く。どんな家に暮らしたいか、イメージを膨らませる中、「家に居ながらリゾート気分が味わえ、リラックスできるように」と希望したという。

洗面台を設けた2階ホール。洗濯物がそのまま収納できるクロゼットは大活躍。

3連窓がおしゃれなウォークインクロゼットのある寝室。2階の床は明るい色を選択。

 2階のホールは、部屋干しなど多目的に利用できるスペース。「クロゼットはハンガーごと収納でき、すごく便利」と奥さま。また、スタッフが見た目の良さと住み心地を親身になってアドバイスしてくれたため、玄関ポーチのライトはグレードアップし、玄関ホールの照明もセンサー付きにするなど、「メリハリがある満足のいく住まいになった」と感謝している。
 「必要なところに収納があり、部屋がすっきり片付くので、掃除しやすくストレスがたまらない。アパートとマイホームは全然違います」とご主人。奥さまも「主人がまめに動いてくれ、すごく助かっています。石田屋さんで家を建てて本当に良かったです」とほほ笑んだ。

閉じる

検索で来られた方はトップページよりご覧ください。>>