閉じる

オネスティーハウス

※本頁は、上毛新聞社「週刊すみかくらぶ」に掲載された、当社施工例をホームページ用に再構成しました。文章は掲載内容を使用しています。

建築方法/
木造軸組工法
(テクノストラクチャー工法)
建築面積/
84.10m2
延床面積/
127.24m2
完成日/
2015年5月
思い通りの住まいが実現

 2人目の子供の誕生を機に、家づくりの検討を始めたMさんご夫婦。住宅展示場を回る中、行き着いたのがオネスティーハウス石田屋だった。自由設計で地震に強い安心・安全構造や、パナソニック製品をフル装備した大手メーカーの品質がオネスティー価格で建てられることに魅力を感じた。

家族構成



長女(4歳)
長男(3歳)

「リビングを中心に1階にボリュームを置きました。自由設計の注文住宅だから実現できた間取り。希望通りの住まいに大満足です」とMさんご家族。左は太田店の髙橋正行さん。

壁面を有効活用したリビング。
将来は壁面収納の前に大型スクリーンを付け、ホームシアターを楽しむ予定。

 リビングに入ると、大空間に、高い天井、さらに吹き抜けが広がる。「大きな壁面を2面取りたかったので、ドアは端に寄せました」とご主人。一面にはテレビボード、もう一面には壁面収納家具がまるで作りつけのようにぴったり納まっている。「住まいの中心はリビング。2階に書斎を置くのではなく、リビングで家族とのコミュニケーションを取りながら事務仕事が出来るようにしました」と話す。

遊びも宿題も収納も
子供の成長を見守る畳コーナー

 M邸は、石田屋オリジナル住宅「プリーマ・エコ」を採用。地震に強いテクノストラクチャー工法に加え、耐震だけでなく制震システムも装備している。自然素材のセルローズファイバー断熱材と樹脂サッシにより、断熱性・気密性が高く、その上、壁が呼吸するため、夏涼しく冬温かい1年中快適に過ごせる住まいだ。「強い構造だから実現できる2.7mの天井の高さと吹き抜けは開放感があり、暮らしてみて本当にいいですね」と、ご夫妻は口をそろえる。
 家づくりは、ご主人が奥さまの希望を聞きながら案をまとめ、プラン化したものをさらにブラッシュアップ。「子供が遊べる小上がりのスペースがほしいと伝えたら、髙橋さんが畳コーナーを提案してくれました。イス替わりにもなり、下に収納できるのでとても便利です」と、奥さまはにっこり。
キッチンに立ちながら遊ぶ様子が見られ、将来は宿題を見ることもできる。子育て世代にとって安全で快適な理想のスペースとなった。
 また、壁面収納の裏側にリビング階段を設置。キッチンからパントリー、洗面所、浴室、階段まで、ぐるっと回れる家事動線に優れた間取りも特長になっている。

吹き抜けのある大空間リビング。
天井部の青空の壁紙は奥様のアイデア

優れた断熱性能と間取りの工夫
夏涼しく冬暖かい理想の家

 ご夫婦はイチゴ農家。自宅にいる機会が多い夏の日中をいかに快適に過ごせるか。ライフスタイルに合わせた、わが家にぴったりの間取りを考えることにも時間をかけたという。その結果、畳のコーナーをせり出すように配置し、夏の強い日差しがリビングに入りこまないように広いテラスを設けることにした。セルローズファイバー断熱材と樹脂サッシの断熱効果もあり、「昨年の夏は、エアコンも28度除湿で乗り切れました。冬の朝が寒くないのもうれしいですね」とご主人。広いテラスは、夏はバーベキューにプール、花火と大活躍だ。
 片流れの屋根には10.24Kwと大容量の太陽光発電を搭載。光熱費が2分の1以下になり、毎月4万円を超える売電収入となっている。

キッチン脇にある小上がりの畳コーナー。
勉強机であり、収納もできる。
掘りごたつ風でイス替わりに。

 住み始めて1年。「なんて暮らしやすい家なんだろうと思う。1年通じて快適だし、吹き抜けでどこにいても子供の声が聞こえるから安心。よく考えられた、いい家だなあと思います」と、ご夫妻は満面の笑顔で語ってくれた。

和室は、来客用や将来のことを考え、独立させた

閉じる

検索で来られた方はトップページよりご覧ください。>>