閉じる

オネスティーハウス

※本頁は、上毛新聞社「週刊すみかくらぶ」に掲載された、当社施工例をホームページ用に再構成しました。文章は掲載内容を使用しています。

「プリーマ・エコ」で大空間LDKと
便利な生活動線の
家づくりを実現

建築方法/
木造軸組工法
(テクノストラクチャー工法)
建築面積/
72.45m2
延床面積/
135.39m2
完成日/
2017年4月
テクノストラクチャーによる大空間の実現がカギ

 結婚したらすぐにマイホームを手に入れることが夢だったというK夫妻。結婚すると早速、情報収集や展示場回りを始めた。
 二人が望んだのは、キッチンを核にリビング全体を広々と見渡せる、大きく開放的なLDK。K夫妻は「大空間に得意なビルダーを探していたら、石田屋にたどり着きました」と振り返る。
 同社は、パナソニックによる高強度の工法「テクノストラクチャー」を採用し、最大スパン(柱間)6mの大空間や2.7mの天井高を実現できる。「営業担当の槌谷宗一郎さんの力を借り、理想の空間設計を思う存分追求でき、満足のいく家づくりが出来ました」と喜ぶK夫妻。工夫が詰め込まれた新居を紹介しよう。

家族構成



「要望を聞いてもらった上で、いろいろな提案をしていただきました」と振り返るK夫妻。左は営業の槌谷さん

オープンキッチン奥にはパントリーから水回りへと続く動線が控える。

21畳LDKの仕上がりに満足

 K邸は同社のプリーマ・エコを採用している。外観は屋根の形状に特徴のあるツートンカラー。プランニングの過程で、室内の間取りやデザインに変更を加えるたびに、外観のデザインも修正を重ね、納得のいくデザインに仕上がった。
 延べ床面積は40坪とやや広めであることに加え、さらに吹き抜けではないため、室内はゆとりのある造りとなっている。
 室内は、夫妻が望んだ通り、21畳もの大きなLDKが広がる。「なんといっても、生活の中心となるLDKを充実させることができたのがうれしい。開放的な空間となりました」と二人は喜ぶ。

玄関にも収納スペースをたっぷりと用意。

最短距離で動ける家事動線

 そして、もう一つの特徴は、共働きで忙しい二人のために効率的な家事動線を徹底的に追求したこと。LDKはあえて壁をつくって独立させ、プライベート空間ときっちりと分けた。キッチン奥からパントリー、浴室、洗面、トイレ、階段と続く動線が便利だ。もちろん、LDKとの回遊性も考慮されている。
 2階には、もう一部屋造れそうな大きなホールを配した。ここが物干しスペースにもなる。「最短距離で家事ができ、雨の日でも室内干しが簡単」と奥さま。
 断熱材は調湿機能もあるセルローズファイバーを採用。省エネ性能の高い24時間快適な空間を実現した。住みはじめたのが5月ということもあるが、エアコンは使わなくても快適だという。
 「やりきった満足感のある家づくり。イメージ通りにできました」

縁なしの畳を備えたモダンな和室。

2F階段を上がったところに広がるホールを囲むように子ども部屋2部屋、主寝室がある。主寝室奥には書斎とウォークインクロゼットも。

閉じる

検索で来られた方はトップページよりご覧ください。>>