大空間

幅6mの贅を、高さ2.7mの感動を。

高強度を誇る「テクノストラクチャー」を選んだオネスティーハウスは、
強さとともに、2.7mの天井高と、最大スパン(柱間)6mの大空間も実現しました。
心身を伸びやかに開放する悦び、くつろぎや集いを大らかにもてなすゆとりの贅。
快適をかなえる広さとは、単なる床面積だけでないことを、その住空間は知っています。

当社の住宅の構造・設備・仕様は全て本「プリーマ」が基本ベースとなっています。但し、住宅シリーズにより一部構造・設備が異なる場合もございます。

驚きの大空間リビング

~家族があつまる空間に贅沢なゆとりを~

最高天井高2.7メートル、開口幅最大6メートル
オネスティーハウスとパナソニックグループの技術提携によって生まれたのは、強靭な構造がかなえる驚きの大空間。
何気なくくつろぐその瞬間がすこし贅沢になる。そんな“特別な”リビングを目指しました。

強い梁だから実現できる大満足のひろびろ空間。

梁を強くすることで家の骨組みがしっかりとしたままで、広いリビングが実現できたり、
間仕切り壁を後から撤去することも可能になったりと、住まいづくりの自由度が向上します。

タテヨコひろびろ・オープン室内空間

テクノストラクチャーでは、一般的な木造軸組工法で約3.6m程度しかとれなかった柱と柱の間を、
最大約6m(壁心寸法)まで広げられるため、20畳以上もの大空間が実現でき、ワイドビューを楽しめる大きな窓の設置も可能です。

  • 梁が弱い場合

    梁が弱いとたわみが出て、
    構造全体もグラグラ。

  • 補強した場合

    柱や壁がたくさん必要で、
    間取りも制約されます。

  • オネスティーハウスの
    場合

    梁の強さが大空間を支えます。

天井高2.7mの開放感

オリジナルの接合金具の採用により、従来接合に必要だった柱の「ほぞ加工」が不要になり、柱の長さをフルに活かした高い天井が可能に。2階建住宅で1階・2階とも最大2.7m(一般的な住まいは2.4m)もの天井高が実現できます。

一般的な木造住宅の室内空間  オネスティーハウスの室内空間

※仕様により天井高が制限される場合があります。※地域条件や間取り等により一部制限される場合があります。※間口は壁心寸法による値です。

メーターモジュールでのびのび空間を実現。

モジュールとは建築物の基本寸法のことで、日本では関東間と呼ばれる910mmモジュールが多く用いられています。オネスティーハウスでは従来の910mmに対してメーターモジュール1m(1,000mm)が標準。廊下や階段などの基本寸法が90mmも大きくなります。

同じ間取りでも広さに違い

従来の約1.2倍の広さが確保でき、6畳間では、従来の尺モジュールの和室の約7.2畳に相当します。

※3階建ての場合、バルコニーの持出しは最大1.5m程度になります。※地域条件や間取り等により一部制限される場合があります。

外にひろびろ・ワイドバルコニー

梁の強度はバルコニーの強度にも大きく影響します。バルコニー下に柱を出さずに外へ張り出せる持出し距離は、一般の木製梁の場合は0.5間(約0.9m)程度が限界でした。
このため、バルコニーの使用範囲もおのずと限られ、バルコニー下に視界を遮る柱が出てしまうことも多かったのです。
テクノストラクチャーでは、梁の片側を下から支えることなく持出せる長さが、最大で木製梁の2倍にもあたる1間(約1.8m)に。木と鉄の複合梁「テクノビーム」ならではの強さでバルコニーを支え、2階で屋外テラスやガーデニングも楽しめる、ゆとりのバルコニーを実現できます。

  • 一般木造住宅の
    持ち出しバルコニー

    一般木造では奥行きがせいぜい0.9m。それ以上になると下にじゃまな柱が…

  • テクノストラクチャー
    最大持ち出しバルコニー

    テクノストラクチャーなら倍の1.8mもの奥行きも実現。バルコニー下の利用度もアップ。