オネスティーハウス

安心・優しさ・長持ちのトリプル構造

オネスティーハウスは徹底的に住宅性能にこだわります。ご家族のライフスタイルに応じてお選び頂けます。
オネスティーハウスは、パナソニックとのパートナーシップにより注文住宅で最も重視される
3つの要素である「耐震性」「省エネルギー性」「長寿命性」をベースに、世代を越えて住み継げるよう、構造・仕様を高性能化した長寿命な住まいです。

自然を愛する家族におくる家。
ふれあいを愉しむエコロジーな暮らし。

自然を感じつつお子さまの成長をやさしく見守る。どの部屋も庭とつながる平屋での暮らしが実現。家族がいっしょに過ごす愉しさを実感する住まい。
詳細は、展示場にてお問い合せください。

大きな窓から、
自然の豊かさを住まいの中へ。

外とつながるリビングでのパーティーや天体観測、水遊びなど、家族の新しいライフスタイルが生まれます。くつろぎの空間をぐっと広く。
詳細は、展示場にてお問い合せください。

自給率100%以上の住宅を平屋で実現。
光熱費を気にせず暮らしを愉しむ。

太陽の光で、電気を貯めて使う家だから、光熱費を気にせずに、家族も自分の時間も大切にできます。
みんなが、ゆったり快適に愉しむ住まい。
詳細は、展示場にてお問い合せください。

ゆとりある上質な住まいを求めて。
高級感漂う、四季に快適な暮らし。

宇都宮大学と共同研究し、防火試験に合格した石田屋独自の断熱工法の複層W断熱+全室床暖房。
外壁はタイ貼り。全てにハイグレードを求めました。
詳細は、展示場にてお問い合せください。

愛せる暮らしを、紡いでください。

わが家という夢が望みどおり叶い、
わが家と始まる夢の続きが幸せに綴られる。
そんな想いから生まれた
自由設計の住まい、「つむぎえ」。

同居や二世帯住宅の新築時、
残った家はお任せください。

1.売買の仲介
2.賃借の仲介
3.査定して買取

不動産専門スタッフによる最善な解決のご相談。
私たちにお任せください。

消費税増税に向けた、家づくりスケジュール

消費税増税前の家づくり!今から計画スタートを!

2019年10月1日より、消費税率が8%から10%への引き上げが予定されています。
注文住宅の場合は計画から入居までに半年~1年程度の時間がかかる上、高額のため、消費税の引き上げに伴う購入時の負担が大きくなります。
前回5%から8%に引き上げされた時、「駆け込みだったため仕様決めが忙しかった」「もっと早く家づくりを始めておけば良かった・・・」との声もありました。
一生に一度の家づくりが、不本意な結果にならないよう、スケジュールを確認しておきましょう。

消費税8%で建てる、家づくりスケジュール

※経過措置と指定日
消費税の税率は、全ての取引について施工日(2019年10月1日)に一律に引き上げられるのではなく、取引の実態・契約の実態等を踏まえて一定の取引については、
施工日以後の取引についても旧税率の8%の税率を適用する経過措置が設けられています。

良い条件でゆっくり土地を探したい 間取りなどプランをじっくり考えたい

こんなご家族は、オネスティーハウス石田屋にお早めにご相談ください。

2020年 省エネルギー基準義務化

2020年省エネルギー基準が義務化されます

住宅の性能には大きく3つの要素があります。

耐震性 省エネルギー性 長寿命性

2020年に義務化される省エネルギー基準は2番目の【省エネルギー性】になります。
地震大国である日本では、まずは耐震性能から義務化が行われ、これまで大地震が発生して建物に甚大な被害が出るごとに基準強化がなされてきました。
耐震の次に政府が取り掛かるのが、「省エネ」です。

義務化される基準は、最低ラインを定めた基準ですが、基準を超えた数値を出すのはオネスティーハウスにとって当たり前のチャレンジです。
耐震性が義務化され、耐震性能の高い家が普通になったように、省エネ性が2020年に義務化されても問題の無い基準の家を今から提供することが重要になります。
基準に見合った家は、資産価値が担保されるだけではなく、住む人が快適で健康に長く住み続けられる家となります。

省エネ住宅は、将来のランニングコストを削減します。

一般的な住宅(次世代省エネルギー基準レベル・1999年施行)に住むご家族は、年間約20万円を超える費用負担(ランニングコスト)をされています。
この費用負担を約半額に抑える住宅が省エネ住宅と言えます。
(お住いの地域や家族構成・建築する家の性能により異なります。)

省エネ住宅とそうでない住宅との差額が年間10万円あり、その家で40年生活すると、400万円の負担増になる計算ですね。

光熱費の削減だけではなく耐久性もアップします。

高断熱・高気密化した住宅は、結露に悩まされることがなく、耐久性のある住宅です。
省エネ住宅は家が長持ちすることはご存知の通りです。
反面、低断熱・低気密住宅は、結露の発生が起き、結露水が構造材を腐らせ、柔らかくなった構造体はシロアリの格好の標的となります。
つまり、結露が住宅の耐久性を著しく落とすことに繋がり、大地震が起これば、全壊、半壊の割合が一気に跳ね上がってしまいます。
このような観点からも、省エネルギー性は住宅の長寿命化のために大切な性能です。

つまり、省エネルギー住宅は

光熱費を削減 住宅の長寿命化 家族の健康を守る 地球環境を守る

そこで、オネスティーハウスは、

「セルローズファイバー」断熱材を全住宅商品に標準仕様!!!

窓と壁で守る高い断熱のエコ住宅、静かな家。

呼吸する壁と3種換気システムで、24時間快適な住まいをご提案。

高性能断熱材「セルローズファイバー」や、構造を強化する「インシュレーション耐震ボード」を採用。
さらに3種換気システムを搭載し、住宅内部の「空気の質」にもこだわっています。

健康・快適“呼吸する壁”の家で暮らす。

トップブランド「王子製袋」の地球に優しい断熱材「セルローズファイバー」を使用した〈呼吸する壁の家〉。
「セルローズファイバー」は優れた断熱性や防音製を発揮する、新聞古紙などをリサイクルして作られた断熱材です。
CO2を削減し、夏涼しく、冬暖かい、一年中「快適」な理想の住まいです。

オネスティーハウスは、ご家族の「安心」と「快適」に徹底的にこだわりました。

オネスティーハウスをもっと知りたい方は・・・

HIRAYA

オネスティーハウスがお届けする、平屋住宅のご紹介です。
A4サイズ20頁

オネスティーハウススタイルブック

オネスティーハウスのヒミツを余すことなく掲載。
A4サイズ180頁

「住まいづくりのヒント」になる本

今一番大切にしたいことを「3つのテーマ」に絞って考えた、住まいづくりに大切な本。