電気を買わずに、エネルギーは自産自消する時代へ

日本のエネルギー事情や地球環境を考えると、エネルギーはわが家でつくり(=自産)、わが家で消費する(=自消)のが理想的。
電気を蓄え、あとから取り出せる蓄電システムは、電気の使い方をもっと大切に、もっと上手に、大きく変えるもの。
「自産自消」を目指す、これからの安心の暮らしに欠かせない家づくりです。

当社提案の企画プランの価格です。別途諸費用が必要です。また、長期優良住宅の認定を受けるには、申請費用などの諸経費が別途必要です。

365日、太陽光エネルギーを貯めて暮らす。

オネスティーハウスの提案する Zero Energy House(ZEH)は、
「創エネ」「蓄エネ」「省エネ」+「防災対策」を実現。
未来を見据えた自給率100%以上の住宅を目指しています。

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、
快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、
年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。
政府インターネットテレビにおいて「快適な省エネ」として、実際にZEHに住まれている方の声の例とともに紹介されています。

ZEHとは、「快適な室内環境」と、
「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅です。

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」を目標とし、
普及に向けた取り組みを行っています。

ZEHを取り巻く現状

我が国の家庭部門における最終エネルギー消費量は石油危機以降約2倍に増加し、全体の15%程を占めています。また、東日本大震災後の電力需給の逼迫やエネルギー価格の不安定化などを受け、家庭部門における省エネルギーの重要性が再認識されています。
加えて、2015年7月に策定された長期エネルギー需給見通し(エネルギーミックス)では、省エネルギーについて、石油危機後並の効率改善(35%程度)を実現することを目標としており、そのためには、住宅そのものの省エネが不可欠となっています。
ZEHの普及により、家庭部門におけるエネルギー需給構造を抜本的に改善することが期待されます。

ZEH化のメリット

BELSとは

BELS(ベレス)
Building-Housing Energy-efficiency Labeling System


建築物の省エネルギー性能を表示する第三者認証制度です。
2016年4月より建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)において、不動産事業業者等は建築物の省エネ性能を表示するように努めることが求められています。
具体的な表示方法は、建築物の省エネ性能表示のガイドラインに定められており、BELSは同ガイドラインに基づく、第三者認証制度となっております。

ZEHとは

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)
Net Zero Energy House


快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高断熱設備により、できる限りの省エネルギーら努め、太陽光発電などによりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅のことをいいます。

【標準仕様】

オネスティーハウスは、ご家族の「安心」と「快適」に徹底的にこだわりました。
ご紹介の機能・設備が、全て基本本体価格に含まれています。

安心・安全なトリプル構造+大空間

  • 耐震等級3相当
  • 制震システム
  • リビング天井高2.7m
  • 長期優良住宅対応

さらに、高品質な設備を厳選し、快適な住まいを追及しました。

今、住まいに求められているものは「耐震性」「エコ設備」「省エネ設備」を備えた「ハイブリッドな低燃費住宅」。
これからもお客様のニーズと時代の変化にお応えできる住まいづくりをご提案していきます。

  • パナソニックブランド
  • 玄関ドア
  • 蛇口一体型浄水器
  • 屋外コンセント

なんと!20年間の売電収入が約1,150万円以上も可能

単結晶系ハイブリッド型HIT245α×84枚で20.58kW搭載

太陽のチカラで住宅ローンを支払う、大容量太陽光発電大屋根です。
売電収入で返済のほとんどを賄えることを目指し開発したプランです。

当社提案のプランの場合の価格です。別途諸費用・消費税が必要です。また、長期優良住宅の認定を受けるには、申請費用などの諸経費が別途必要です。

大容量太陽光の家

電気を売ってローン負担を大幅に軽減します。

太陽光発電による発電の全量買取制度を利用して
20年間実質ローン負担月々20,280円で家が建てられます!

※プリーマBIGソーラー「20年間実質ローン負担20,280円」の住宅とは、固定買取り制度を利用した太陽光発電収益を活用し、当初20年間のローン負担額が月々20,280円となることを目指した住宅です。住宅価格が20,280円、住宅ローンが20,280円、または、金融機関からの融資を受けずに住宅を購入できることではありません。21年目から35年目まではローンを負担する必要があります。スマートプリーマ2020BIGタイプの参考プランの売電収入(予測売電額)は、太陽光発電の全量買取制度を活用し、各地の平均値を基に22.68円/kWh(消費税込)で概算で算出しています。地域、天候により異なる場合があります。
※お客様が東京電力より再生可能エネルギー特別処置法に基づく本年度(2017年度)の買取価格にて電力の買取を受取ることが出来ることを保証するものではありません。今後の制度変更や電力会社の運営変更、その他、当社は責に帰すべからざる持由により、電力の買取価格が、現時点で見込まれる買取価格と変更になった場合でも、当社は一切責任を負うものではありません。

平成29年度の太陽光発電 売電価格(税込)

■10kW未満(余剰売電)

出力制御対応機器の設置義務なし 出力制御対応機器の設置義務あり
28円/kWh 30円/kWh

■10kW以上(全量売電)

4月1日~
22.68/kWh

※東京・中部・関西の各電力会社の管轄地域 ※北海道・東北・北陸・中国・四国・九州・沖縄

借入金2,500万円の場合 金利0.775% ボーナスなし 35年ローンとします

さらに!住宅減税を考えれば・・・20年間ローン負担0円も可能!!

※掲載の売電収入の計算は書き条件による試算のシミュレーションですので実際の数字とは異なる場合もございます。又、売電収入を保証するものではありません。

ご提案プラン例
  • ■ 南入玄関

    1F施工面積 88.50㎡(26.81坪)
    2F施工面積 55.00㎡(16.66坪)
    施工面積 143.50㎡(43.47坪)
    建築面積 84.75㎡(25.63坪)
    HIT245α×84枚(20.58kw)搭載

    ※ウッドデッキ工事は別途

  • ■ 東入玄関

    1F施工面積 85.33㎡(25.85坪)
    2F施工面積 38.00㎡(11.51坪)
    施工面積 123.33㎡(37.36坪)
    建築面積 82.11㎡(24.83坪)
    HIT245α×72枚(17.64kw)搭載

    ※ウッドデッキ工事は別途