柱や間仕切りを抑えた大空間に適材適所の収納計画でより一層すっきり!

OWNER’S VOICE

家具は必要最小限。より広く感じます!!

家族構成夫婦+子ども1人
建築工法木造軸組工法(テクノストラクチャー工法)

「魅せる/見せない」収納の工夫で大空間がより広く、より使いやすく

トリプル耐震工法に「あったらいいな」を詰め込んだ住まい

石田屋の建築実例

住まいの性能と求めやすさを徹底的に追求している石田屋。
パナソニックのテクノストラクチャー工法に面材耐力壁と制振システムを加えた独自のトリプル耐震工法で、天井高2.7m、柱や間仕切りの少ない大空間を実現する。この大空間をより一層愉しむために注目してほしいのが収納だ。
しまう物や場所にマッチした収納を備えることで、置き家具が減り、大空間をさらに有効に使える。
また、使いやすく片付けのストレスが少ない収納があれば、動線上に物が散乱しにくくなり、家事もスムーズに。

石田屋の建築実例
トリプル耐震工法で実現した間仕切りを抑えた大空間。適材適所の収納計画でより一層すっきり・のびのび暮らすことができ、家族も自然と笑顔に。

お気に入りのコレクションを「魅せる収納」や生活感を「見せない収納」など、住まい手目線で様々な工夫と「あったらいいな」を提案してくれる同社に相談してみよう。
大空間の開放感と考え抜かれた収納は展示場で体感できるのでぜひ訪ねてみてほしい。

石田屋の建築実例