好きなクルマのために家も新築。大きなガレージと間口の広さ、モダンデザインが自慢の家

OWNER’S VOICE

クルマのための家を建てたかった

仕事から帰ってくるたびに「いい家だな」って思います

家族構成夫、妻、愛猫2匹
延床面積173.13㎡
敷地面積556.29㎡
建築工法木造軸組工法(テクノストラクチャー工法)
完成日2020年9月

外観

見た目もメリハリを生む、平屋・2階屋を組み合わせた外観。
ツートンカラーがスタイリッシュさを強調する外壁に、車を趣味に持つご主人の要望を集約したビルトインガレージが存在感を放つ。

オネスティーハウス石田屋の建築実例
キューブを3つ組み合わせたような個性的な外観が目を引くKさん邸。
「車が好きなので、ビルトインガレージのある家が欲しかったんです。格好良く仕上がって大満足です」

家づくりの要望・こだわり 

「家の中に車を入れたい、愛猫も暮らしやすい家がいい」と要望。
ビルトインガレージや猫が通れるスケルトン階段、開放的な間取りなどを提案してもらい、ペットを含む家族全員が快適に過ごせる家になりました。

周囲からの視線に配慮した窓の配置で、家族だけのプライベートな時間を楽しめるのが魅力。

リビング・和室

一歩足を踏み入れると、そこは誰もが憧れるモダンでラグジュアリーな空間が広がっている。
天井高2.7mと柱や間仕切りのないリビングは開放感に満ち、毎日を心豊かに過ごすことのできる快適な大空間だ。

ホワイトを基調とした爽やかな印象のリビングとキッチン。
フロートタイプのアイランドキッチンではご主人も腕を振るう。
お近くの展示場へ 資料請求

「休日はリビングで過ごすことが多いので、リビングの居心地は重視しました」とK様。
道路への間口が広い土地にもかかわらず、リビングの南に設けられた和室の効果で車通りがまったく気にならない。

天井高2.7mの開放的なリビングには小上がりの和室をプラス。
段差でゾーニングしつつも緩やかにつながる空間だから、いつでも家族を感じられて安心。
小上がりは腰掛けやすい高さに設計されている。

土間ホール

雨の日も濡れずに出入りできるガレージ併設の土間ホールには腰掛けを設置し、将来を見据えた設計に。
リビングまでの回廊のように続く土間ホールは、訪れる人をワクワクさせる。

ビルトインガレージの隣に配した長い廊下は京屋町をイメージ。
ガラス扉で仕切ることで、まるでカーディーラーにいるような非日常を感じられる。

スケルトン階段

圧巻の土間ホールと2階へと続く鉄骨スケルトン階段はインパクト充分。窓からの光が家中に届く。
底冷えしそうな土間でもセルローズファイバー断熱材のおかげで、四季を通じて快適だ。

愛猫が抜けられる高さに踏み板を設計してペットの住心地にも配慮した。
猫も心地よさそうに土間ホールで遊んでいる。

窓の工夫や天井の高いリビングなど住み心地にこだわり、車いじりや猫と遊ぶ時間を楽しむ快適な家になりました。
また、太陽光パネルと蓄電池を搭載したので、今後は「電気をつくる」暮らしを味わいたいです。

お近くの展示場へ 資料請求