安全協議会を開催しました

11月19日(水)、みかぼみらい館(藤岡市)にて、石田屋の「第17回 安全協議会」が開催されました。
蜜にならないように座席は間隔をあけ、感染防止対策も徹底したうえでの開催です。

新型コロナの影響で「安全な家を持ちたい」という意識が高まっている

社長 石田房嗣

弊社社長の石田房嗣は
「新型コロナの影響で『安全な家を持ちたい』という意識が高まり、受注棟数は昨年を上回りそう。来年は激戦区の熊谷の住宅総合展示場に進出する。ぜひとも成功させ、組織の体質を一層強化したい」とあいさつ。

住まいを通じて人々が幸福に暮らすために最善を尽くすことが使命

専務 石田昌嗣

専務の石田昌嗣は、SDGs(持続可能な開発目標)について触れ、
「太陽光発電システムと大型蓄電池を搭載した電気を自給自足する住宅など、エネルギー部門では他社に先んじており、お客様の評価につながっている」
と、会社の取り組みを披露。

石田屋は、オールパナソニック商品を採用した電気の自給自足住宅のスペシャリストとして、EV対応住宅の普及、エネルギーの自給自足住宅の普及促進を目指してまいります。

メディア掲載情報

上毛新聞 (11月20日掲載)
Asahi Business Journal(12月5日掲載)