「SDGsぐんまビジネスプラクティス」 の先進事例として紹介されました

SDGsぐんまビジネスプラクティス

持続可能な“ぐんまの未来”を創造するために、県内企業によるSDGsの取り組みを活性化するプロジェクト「SDGsぐんまビジネスプラクティス」がスタートしました。

県内の企業からSDGsへの取り組み事例を募り、選定されたのは67社。
そのうちの1社として、オネスティーハウス石田屋の取り組みを「環境配慮型ビジネス」CASE02として群馬県ホームページに掲載していただきました。

SDGsぐんまビジネスプラクティス

クリックで拡大表示できます(733KB/JPG)